保育所

總持寺本町通保育園

お知らせ

カテゴリー別に見る

年別に見る

時間を大切に「時の記念日」

6/10は時の記念日でした。
日本で初めて時計による時の知らせが行われたことを記念して制定された記念日だそうで、

時間の大切さを改めて考えましょう、という日でもあります。

子どもたちにとって一番大事な時間といえば、もちろん「遊ぶ時間」

間もなく梅雨入りするとみられていますが、この時期の青空は、絶好のお散歩チャンス!

これから雨が続いたり、熱中症の心配から外出を控えることが増えていきそうですので、

この貴重な時間を子どもたちとともに大切に過ごしていきたいと思います。




出発前、自分で靴を履く練習。
右と左、合ってるかな?



IMG_2675.png



「ののさま、行ってきます!」
今日はどこまで行くのかな?

IMG_2654.png




さくら組(1歳児)はバギーでお散歩に行きます。
商店街を一回りしたり、公園へ行ったり、
子どもたちの大好きな時間です



IMG_3937.png





交通ルールもみんなで一緒に覚えます。
「横断歩道は手をつないで、慌てずに」

IMG_2688.png

さて、「時の記念日」にちなみ、幼児クラス(3,4,5歳児)は時計の製作を楽しみました。




ちゅうりっぷ組(3歳児)は「ライオンの顔」をモチーフにした時計を製作。
お面のように顔にかぶって「がおおーー!」

IMG_2588.png




すみれ組(4歳児)は「クジラの時計」
製作中のお部屋からは「♪いま9時 いま9時 いまクジラ――♪」という元気な歌声も
聞こえてきました

IMG_2538.png




ゆり組(5歳児クラス)。名曲「大きな古時計」から、古時計をみんなで作りました
針も振り子もちゃんと動きます。

IMG_2662.png




玄関に展示すると、さっそく小さいクラスのお友だちが見ていきました。
「おっきいね」「ぐるぐる動くよ」時計の針を回して楽しんでいました。

IMG_2641.png
「時計の針が〇になったらお片付けね」

「〇までに食べ終わろうね」など

保育者は、生活の中で自然に時計の見方や時間の感覚を身に付けられるような働きかけをしています。

年長クラスになると自分から
「〇になったから片付けよう!」
「早く終わればいっぱい遊べるよ」と

声をかけてくれる子も見られるようになります。

限られた時間を大切に使うことを経験から学んでいく子どもたちです。