保育所

總持寺保育園

お知らせ

カテゴリー別に見る

年別に見る

行事

【もちつき】 美味しいお餅いただきます♪

先日幼児組でおもちつきをしました。みんなこの日を楽しみにしており、朝からワクワクした様子の子ども達。

ここで少し、「なぜおもちつきをするの?」というお話をしたいと思います。



日本には、稲作に信仰というものがあります。稲から採れる米は人々の生命力を強める神聖な食べ物であり、

米をついて固めるもちはとりわけ力が高いとされています。

そこで、祝い事や特別な日である「ハレの日」にもちつきをするようになりました。

もちつきは1人ではできない為、皆の連帯感を高め、喜びを分かち合う社会的意義もあります。

そして、お正月には鏡餅、桃の節句には菱餅、端午の節句には柏餅というように行事食としても定着していきました。

とりわけ日本の行事文化の大黒柱であるお正月は、お餅が重要な役割を果たすので年末にもちつきをするようになったそうです。



そんな素敵な行事を経験できて嬉しいですね。

当日はご本山からお坊さん、そして保護者の方も手伝いに来て下さいました。

ホールで「楽しいおもちつきになりますように」とののさまにお参りをし、もちつきの歌で気持ちが盛り上がったところで

いよいよおもちつきスタートです!

CIMG8104.JPG


蒸したもち米をお坊さんたちが潰して準備をしてくれます。

CIMG8110.JPG
だんだんお餅っぽくなってきました。

CIMG8111.JPG
子ども達も重い杵を持ち頑張りました。「よいしょー」の元気な掛け声が響きます。

CIMG8127.JPG
CIMG8137.JPG
CIMG8144.JPG
そして先生も頑張りました!みんなの応援が力になりました。

CIMG8118.JPG


ついたお餅は、園長先生、副園長先生、お母さん方が丸めてうぐいすもちにしてくださいました。

つきたてのお餅は、温かくて柔らかくてとっても美味しかったです(^-^)

乳児さんもお部屋でもちつきごっこをしたり、幼児さんのもちつきを見学したりと楽しみ、みんな大満足の1日となりました。

お手伝いしてくださった皆さんありがとうございました。